コンパウンドでボディの傷を消す

  • 2018.08.07 Tuesday
  • 20:25

ボディカバーやリヤボディカバーに付いた傷を消せるか試してみます。

 

レッグガードはプラですがボディカバーは金属なので、ボディ用のコンパウンド(研磨剤)を使います。

 

スーパーカブ ボディ 傷 コンパウンド

 

そしてこれがボディ用のコンパウンドです。

 

前回のプラスチッククリーナーと違って、1:細目、2:中細、3:極細の三本セットです。1→2→3と順に使うことで傷消しと艶出しができるというもの。

 

続きを読む >>

プラスチッククリーナーでレッグガードの汚れを落とす

  • 2018.08.05 Sunday
  • 17:30

最近、レッグガードの汚れが目立つようになってきました。

 

拭いても取れず、染みついたような黒い汚れです。洗車したら落ちるかと思っていたのですが、スポンジで擦っても全くの無意味でした。レッグガードは白色なので黒い汚れは尚更目立ってしまいます。

 

スーパーカブ レッグガード 汚れ

 

下手くそな写真ですがLレッグガード内側です。黒い線傷のような汚れがありますが、肉眼で見るとはっきり黒く見えていました。汚れの写真を撮るのがピントが合わずホワイトバランスも合わずで一番苦労したという裏話があります。

 

続きを読む >>

社外マフラーと騒音

  • 2018.08.05 Sunday
  • 15:15

純正マフラーから社外品のマフラーに交換してみました。

 

マフラーを交換するとどんな変化があるのか気になっていたので試してみます。

 

スーパーカブは型式ごとに色々な社外品があります。私のカブは型式AA04なので適合するマフラーを探してみると、武川とキタコの二社がAA04用マフラーを販売しています。他にもあるみたいですが中々検索にヒットしないのでスルーしました。

 

スーパーカブ AA04 ミニキャブトンマフラー

 

今回はキタコのミニキャブトンマフラーを購入しました。武川のマフラーが軒並み三万円以上の中、キタコは二万円前半で買えるといういつも通りの価格で決めた次第です。このキャブトンスタイルは見た目もスッキリしているのが好印象です。あまり派手な見た目は好みではありません。

 

続きを読む >>

リムーバーでマフラーガスケットを剥がす

  • 2018.07.31 Tuesday
  • 23:05

マフラーガスケットをケミカルを使って剥がしてみます。

 

完全に固着してしまうとドライバーでこじってもカスが落ちるばかりで、一向に剥がれる気配がありません。

 

どうしようもないので素直にケミカルの力を借ります。

 

スタッドボルト交換に続く、マフラーを外した記事で紹介し切れなかった内容です。

 

ワコーズ ガスケット リムーバー

 

続きを読む >>

マフラーのスタッドボルトを交換する

  • 2018.07.25 Wednesday
  • 22:35

前回のマフラー交換の記事で紹介しきれなかった内容です。

 

マフラーのフランジを左右両端のスタッドボルトに同時に通すのが難しいという話をしましたが、スタッドボルト自体が曲がっている場合があります。劣化していると弄っている内に折れてしまうかもしれないので交換します。

 

原付 スーパーカブ マフラー スタッドボルト 交換 方法

 

スタッドボルトとは両端にねじ部を持っているボルトを指します。スタッドとはstud:鋲(びょう)のことです。金属製の留め具のことを鋲と呼び、広義ではねじも含まれるようです。元々、英語圏内での呼称をそのまま利用しているだけでしょうから、和訳しようとすると微妙に納得できるようなできないような感じですね。中国語訳だと双端螺柱なんてものがあり、日本語の感覚だとこっちの方がどういう部品がはっきりします。

 

続きを読む >>

マフラーの外し方・ステップの外し方

  • 2018.07.22 Sunday
  • 21:50

今回はマフラーを外し方を紹介します。

 

スーパーカブ マフラー 外し方

 

外し方自体は単純明快なのですが、所々でコツの要る作業なので、初心者は間違いなく苦戦することになるでしょう。

 

目的はマフラーを外すことですが、マフラーを外すためには色々外す必要があります。また、外装(レッグガード)は外さずにも作業は可能です。ただし、例によって初めてやる場合には面倒臭がらずに外装も外した方が、位置関係が分かりやすくスペースにも余裕ができます。

 

続きを読む >>

【大失敗】ソケットレンチの差込角が破損しました

  • 2018.07.19 Thursday
  • 22:20

今回の記事は不適切な工具の使い方による大失敗編です。

 

説明するよりも先に、まずはこの写真を見て下さい。

 

 

Tハンドルの先端の差込角部分が折れて無くなっています。

 

続きを読む >>

赤錆が発生する仕組みとは

  • 2018.07.16 Monday
  • 22:00

赤錆が生じる仕組みについて解説します。

 

どうにも色々気になってしまったので調べていました。

 

一般的に赤錆と呼ばれるものは酸化鉄(III)Fe2O3を指しています。鉄Feが酸化鉄(III)Fe2O3に変化したことを錆びたと言うわけですね。赤錆が生じるには水と酸素が必要ですが、化学的にはどう必要なのでしょうか。


今回は整備や工具・ケミカルとは直接的な関係は無い話です。

 

化学的にどうこうなんて話は興味が無い!と言う人は一番下までスクロールして下さい。結論があります。

 

続きを読む >>

赤錆を防ぐための簡単な方法

  • 2018.07.14 Saturday
  • 23:10

機械物と錆は切っても切れぬ関係です。

 

風防の金具が錆び錆びになってしまってブルーイングした記憶も新しいですが、普段から防錆するのが一番です。錆びてしまうと何をするにしても面倒臭い!

 

赤サビは水と酸素があると生じます。つまり、もっとも確実な防錆は雨水に濡れないようにすることです。ただ通学通勤で使う自転車や原付でそれを実践するのは難しいでしょう。現実的かつ重要なのは雨水に濡れたままにしないことです。雨に濡れたら拭き取るだけでも効果があります。それに加えて水置換スプレーや防錆オイルを合わせて使うと更に効果的です。

 

AZ 長期防錆オイル

 

続きを読む >>

オイル交換とスラッジ除去・マグネットドレンボルトの効果

  • 2018.07.13 Friday
  • 21:10

前回のオイル交換から少し距離を走ったのでオイル交換を行いました。

 

まだ二か月も経っておらず、大体250kmほどしか走っていないので、オイル交換の時期としては早すぎるぐらいです。流石にこれぐらいの距離だとオイルが蒸発しているはずも無く、ドレンボルトを外すとまだまだ綺麗な色のオイルがなみなみと排出されます。

 

まずは前回のスラッジの量を確認してみましょう。

 

 

続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

free

free

amazon

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM