格安タブレットのHuawei MediaPad T3 8インチを買ってみました

  • 2018.06.23 Saturday
  • 22:30

格安SIMならぬ格安タブレットを買ってみました。

 

前々から興味はあったのですが、スマホとPCがあれば現状充足していたので、いつも買おうか悩んで止めるを繰り返してしました。それが一定周期ごとに起こっていたのですが、そろそろ買ってみようかな〜と購入。

 

Huawei MediaPad T3 8インチ Wi-Fiモデル

 

色々種類がありましたが「Huawei MediaPad T3 8インチ Wi-Fiモデル」に決定しました。購入時のお値段【¥ 15,119】とタブレットとしては破格の安さです。格安スマホで有名なHuawei(ファーウェイ)です。

 

 

Huawei MediaPad T3 8インチ Wi-Fiモデル

 

パッケージはこんな感じで簡素ですが中々お洒落です。

 

Huawei 格安タブレットMediaPad T3 レビュー

 

本体と充電器入りの箱と、カバー入りの箱が重なって入っていました。なんとこのタブレットは最初から保護フィルムとタブレットカバー(ケース)が付属しているのです。これは高ポイントですね。後から買い足す必要も無く、格安タブレットのみで完結します。

 

Huawei 格安タブレット MediaPad T3 レビュー

 

タブレットは箱いっぱいの幅で収まっていました。左に見える白い紙を引っ張るとタブレットが持ち上がって取れる仕組みです。ここまでメーカーの気配りが素晴らしい。

 

Huawei 格安タブレット

 

中身全部を並べました。左がスマホケースで、ペラペラな貧弱なものではなく、しっかりしたつくりです。充電器もキャリアスマホのそれと同じ感じで安っぽさは無く、USB充電器なのでUSBケーブルはPCとのデータ転送にも使えます。説明書は多言語対応です。

 

 

タブレットケースを装着します。初めから保護フィルムは貼り付けられているので手間がかかりません。大きさ比較に近くにあったティッシュ箱を並べてみました。テッシュ箱より少し短いです。

 

このタブレットは8インチですが、この○インチはディスプレイの対角線の長さです。1インチは2.54センチなので8インチは20.32センチとなります。実際はディスプレイ以外の部分も大きさに加算されるので、スマホしか持っていないとかなり大きく感じます。

 

 

長辺は大体20センチです。何故ティッシュ箱を並べたのか。

 

 

当然カメラ側には左上に穴が開いているので塞がりません。中心に縦線が入っていますがこれは一体・・・?

 

 

なんとこんな感じでタブレットを横向きに立てることができます! 机の上に置けるのでかなり便利です!

 

中身はAndroid7.0です。

 

使ってみた感じですが、ネットにyoutubeと何不自由なくサクサク動きます。最新のハイエンドキャリアスマホを使っている人で無ければ、動きの軽快さに驚くでしょう。スマホで調べるには見づらく、PCを立ち上げるのは面倒臭いというときにタブレットは大活躍しています。早く買えば良かったとというのが正直な感想です。

 

ただ一つだけ難点を挙げるとすれば、音のデカさですね。最小にしてもスマホ基準で中ぐらいの音量があります。これを解決するのは簡単で、Playストアに音量調整アプリがあるのでそれを使って下さい。常にタブレット本体の音量は最小固定で、音量調節アプリのマイナス数値を大きくして行くと良いです。

 

格安タブレットと言うと低スペックと言ったイメージも少なからずあったのですが、今回の買い物で一気にそれは払拭されました。必要十分でとても満足です。Huaweiが躍進したのも頷けます。

 

このモデルにはSIMカードを差し込んで使えるLTEモデルもあります。LTEモデルとWi-Fiモデルのどちらにしようか迷うところではありますが、普段から持ち歩く予定が無ければWi-Fiモデルで事足りると思います。一回り小さくなると7インチモデルもあるので比較表を見てみましょう。

 

個人的には買ってみて家で見るだけなら8インチをお勧めします。

 

 

 

 

■参考スペック

RAM(メインメモリ) 2GB
ROM(内部ストレージ) 16GB
CPU クアッドコア2.4GHz

 

スマホやタブレットの性能はRAMとCPUが決めると言っても過言ではありません。RAMの容量が大きく、基本的にCPUのコア数が多いほど高性能です。クアッドがコア数4でオクタがコア数8です。

 

【追記】

実はこの記事を書いてからしばらくしてT3の正規品が売り切れ(おそらく生産終了)になってしまいました。8インチ以上の格安タブレットが欲しい場合にはやや値段が高いM3(T3の上位機種)か、最新機種のT5ぐらいが選択肢になります。積んでいるRAMやCPUの性能は良くなっているのですが値段も結構上がりましたねえ。滑り込みで格安タブレットが買えてタイミングが良かったです。しばらく使用してみても、やはりネットをやるだけであればT3のスペックで必要十分です。世の中スペックだけを要求するユーザーばかりじゃないわけです。

 

とか何とか言っていたら普通に再入荷していました。

 

おすすめ

Huawei MediaPad T3 8インチ Wi-Fiモデル

 

■T3の後継モデル

Huawei MediaPad T5 10.1インチ Wi-Fiモデル

更に大画面になったり、コア数が4から8になったりと高性能化しているので一概に値上がりしただけとは言えません。贅沢!

 

Huaweiのタブレットは頭文字にMが付いているのが豪華版で、Tが付いているのが廉価版です。Tシリーズでも随分と豪華のように見えるのは、スマホの高級路線の余波なのでしょうか。

 

 

Huawei MediaPad T3のレビュー続き

 

 

JUGEMテーマ:生活雑貨

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 新型スーパーカブ(AA09)に二十万越えの価値はあるのか
    off (10/18)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM